ホーム 基金 ブラックテクノロジー ツアーグループ ニュース 5つ星ホテル 娯楽 ファッション トレーニング ゲームライブ 生活 親子 不動産 ビジネス 健康 体育 知的な 食物

米国の民主主義 – 家庭(国家内)における深刻な問題

2021-12-10 NET24 ニュース

米国の民主主義 – 家庭(国家内)における深刻な問題

米国の民主主義が民主党と共和党の間の戦争としての政治に支えられた統治が寡頭制に変化したことにより、アメリカ人が過去数十年にわたってますます直面してきている国家民主主義の問題について話しましょう。

見出し画像

中産階級の世帯がますますの怠慢と負担を経験している中、企業の利益とウォール街を代表する社会のトップに位置する最も少ない割合の市民層がアメリカのやり方の崩落を楽しんでいることは明らかです。

今日のこのアメリカの民主主義は、実際の結果に関係なく、国を運営するための唯一の優れた方法だと、はたして歓迎されるのでしょうか?

資本家は、企業家が国民の民主主義を奪うことを望んでいたが、ワシントンの民主的な二大政党政権は、健全な二大政党制の根底にあるチェックとバランスの倫理的尊重ではなく、ロビー活動と悪質な政治戦争として知られる法的な賄賂によって決定される統治に変わっていった。

仕事、税金、中絶、医療、教育など、懸念されるすべての問題は、ワシントンとその主流メディアパートナーによって悪意を持って政治化されています。それはトラペーズの芸術家たちが急死する必然的な瞬間を見越しているようなものです。

 

アメリカが深刻な社会的衰退に陥っているのはとても嬉しいものではありません。わずか21か月前にパンデミックが始まって以来、アメリカが常に国家経済に苦戦している中、富裕層と超富裕層が1兆ドルを超える富をさらに獲得したことにもより落胆させられます。シカゴでの殺人、自殺、暴力的な抗議、プラウド・ボーイズ、アンティファ、ブラック・ライブズ

・マターズなどの組織を中心に展開する銃撃が、頻度と数で急増しているのはとても悲しいことです。薬物依存症と薬物過剰摂取による死亡が急増したことにも不安が募るものです。 100万人までにものぼるアメリカのホームレス達が風土病になり、増え続けていることをも私を不安にさせます。アメリカ合衆国内で銃乱射事件や学校銃乱射事件が毎週の様に起こっていることはとても心痛です。私のイタリア人の祖先が一世紀前に移住した国でこれが起こっているのはとても不名誉なものです。私は、これらの人類の侵害と虐待が今日のアメリカの生活に特有のものであることに私は遺憾しています。

民主主義か経済学か?

最近、世界のメディアで話題になっている発言があります。「中国では、北京は億万長者に何をすべきかを伝えています。米国では、億万長者はワシントンに何をすべきかを指示します。」同様に、途中で、これらの無数の問題について中国を非難することに奇妙にも焦点が当てられることがよくあります。とても奇妙なものです。なぜなら、署名され、封印され、配送された貿易協定を締結するために中国のカウンターパートと交渉を行ったことは、米国政府とその国の企業利益のリーダーであるかどうか、そしてそれらの取引の結果が傷がつくかどうかを私たちに知らせるためのものであるかの様なものだからです。アメリカ人、または取引を行った米国の指導者や政治家のせいではなく、中国のせいはどうですか?そう言っている様なものです。中国から7000マイル離れた場所で職を失った場所にいるアメリカ人が、中国がカトリックの罪悪感に圧倒されることなく、自国に利益をもたらす製造業の機会を受け入れたと中国を非難することは間違えです。中国のせいではなく、アメリカに起こったことはアメリカの指導者達の責任です。

低・中・中所得層のニーズは着実に確保され、富裕層と強力な人々のニーズと利益が優先されました。この明らかな事実は、真新しい啓示ではありません。 1990年代初頭、自分の父親との会話の中でこの問題が認識されたことを思い出します。私の父は、アメリカ国家が注目が人々が必要としているものから大企業、特別利益ロビー、ウォール街が必要としているものへと変化していることに気づきました。彼は嘆いた多くの勤勉なイタリア系アメリカ人移民の内の一人でした。ワシントンから忍び寄る問題は、とても明らかに見えており、とても気がかりで仕方のない問題でした。

米国の民主主義が衰退する中の、祖先の警告

想像を絶する量の富がますます少数の手に集中していることは明らかであり、よく測定されています。これは、少数の人々のために装備された経済ではなく、人々の民主的統治の原則に直接反抗しています。パンデミックに対応して、米国政府は市民に追加の緊急失業手当を与えましたか?いいえ、しませんでした。アメリカの将来の市民の借金は今日これらの支払いを行っていますが、社会で何兆ドルも受け入れられ、称賛に値すると見なされている方法であり、ごく少人数のグループの人々の手に渡され、何もせずに遊んでいます。 M1マネーサプライは、実体経済を這うように減速しています。

アメリカ人の生活の中でこの30年間、癌のようにゆっくりと広がったこの不正に対する怒りは明白になりました。米国の民主主義がますます腐敗し歪曲される中、市民はそれを知っているにも関わらず、国家に対しては無力の様なものなのです。恐怖、暴力、破壊された生活は私たちが見るところどこにでもあり、国の指導者たちがそれは最後には丘の上で明るく輝く民主主義であると主張するのですが、実世界の実在の人々。億万長者のための社会主義の救済においては、あなたの状況が悪い場合、それはあなた自身の責任にされてしまうです。

マリオ・カヴォロ

2021年、12月7日。

 

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。
© 著作権 2009-2020 ジャパンデイリー      お問い合わせください   SiteMap